メインイメージ
恋活を上手く行うためには、コンプレックスに負けないことが大切です。
容姿や経歴などほとんど全ての人が何らかのコンプレックスを持っています。しかし過剰なコンプレックスは自信を消失させ、異性に自分をアピールできなくさせます。
積極的に異性と出会い交流するためには、コンプレックスをポジティブに捉えると良いです。
自分が考えるモテるイメージと現実の姿がかけ離れている場合は、モテる基準を変えてみます。

学歴や収入が高くなくても、話が面白い人がモテるという前提で異性と接するだけで与える印象が変わります。

コミニュケーションをとるのが苦手な人は、他の強みを探してそれがモテると信じることが大切です。
他人と比較しても実際に交際するのは自分と相手の2人だけなので、あまり世間の価値観にとらわれすぎないようにします。
また、恋に駆け引きはつきものですが、不自然すぎる駆け引きは相手に脈がないと判断されます。
無理に他の異性にも興味があるように振る舞えば、相手は不安になったりそもそも恋愛対象から外されます。
相手が少し気があると考えられる時期に、感情を動かしすぎない駆け引きが大切です。
相手の嫉妬心を起こさせる時は、異性の名前ではなく趣味や仕事の話題を中心にします。
趣味が合っていれば駆け引きとは別に盛り上がることができ、仕事に一生懸命な姿を見せることも可能です。
外出する機会があれば、もっと一緒にいたいと感じさせるために盛り上がったところで帰ります。